読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏は宝くじが当たると思う病

シンプソンズがHuluで観れるようになったので、感想を書きます

S27 11 突然の思春期 “Teenage Mutant Milk-Caused Hurdles” Mutant→ミュータント、変異 Hurdles→競争

アメリカでは、今回が2016年一発目だったみたいで、(老人エイブ2015DOWN 赤子2016UP)

f:id:tagamekun:20160722205014j:plain

カウチギャグが長めかつ80年代パロディ満載で、最高でした。日本でもカウチギャグのみ、各種バイラルメディアに取り上げられていました。(youtubeにFOXがアップしていた)

www.youtube.com

ですから、初めて見たわけではなかったのですが、ひさびさ声出して笑いました。自分が生きているうちに、シンプソンズがオンタイムとはいいませんがせめて翌日ぐらいには日本国内でも見れるようにしてほしいです。

 

・本編

ホーマーは、コンビニ(Kwik-E-mart)でそそのかされ、怪しげな牛乳を買ってきます、それを飲んだバートは髭が生え始めるなどの思春期に多くみられる現象が起き始め、新任で元軍人(空軍)の教師に恋します。そこで恋のライバルとなった校長スキナーとバトルになっていくのですが…

 

・カウチギャグ

これは、日本でもまとめている方が多くいらっしゃるので、リンクを張っておきます

www.gamespark.jp

僕は、あまりゲーム方面が明るくないので、これをみてほとんどの人がGTAシリーズを思い浮かべるのは意外でした、西部警察宜しく80年代の刑事モノは爆発がお好きなようで…“LAーZ rider”→Lazily(だらだら)

f:id:tagamekun:20160722205024j:plain

 

・ロバートバーンズ

まともに授業できない状況なのは、授業がつまらないのが原因だと思いますが…清掃員のウィリーが朗読しているのは、ロバートバーンズ(スコットランドの国民的詩人)の詩です、日本だと宮沢賢治のような人かな、ホタルの光~の歌詞をつけた人、2015年は破たんした学級会のようだったので、一旦ここで“ホタルの光”でも歌って、2016年からまた心機一転して頑張ろうよ!という政策の願いかもしれません。また黒板にかいてあるのは、“TODAY‘S SUBSTITUTE”今日の代理人

www.youtube.com

f:id:tagamekun:20160722205028j:plain

 

・南部国旗

先週に引き続き、今週はミルクのCMで蹴飛ばされる、養鶏場主が、南部国旗を持ってましたね。

f:id:tagamekun:20160711212116j:plain

 

 

南部連合国旗

去年の6月(2016,06)グーグルやアマゾンなど大手ショッピングサイトで南部連合国旗がバカ売れした後、問題があるので商品を取り下げる、といった事件がありました。なんでこの旗が不謹慎なのかというと、南北戦争の際、奴隷継続を訴えていた南部が掲げていた旗で、悪名高きあのKKKも儀式の際に用いていたから。なぜこの問題の多い旗が3000パーセントもバカ売れしたかというと、同時期に南部で銃の乱射事件が起きています。その犯人は21歳の白人で自身のSNS連合国軍の国旗を身につけた写真をUPしていた事により最注目をあびました。どうしてそんな旗を掲げる人

が多いのか?と疑問になりますが、南部戦争に敗北した南部連合州は、敗戦後も旗を掲げ続けた為、南部戦争の兵士を祖先に持つ人々は、この旗が事件後に全部撤去される流れに、抗議を示す運動だったと思われます。

f:id:tagamekun:20160722205017j:plain

 

・小ネタ

“OFF THE GRID”ネルフの父のTシャツ、“法の目をかいくぐる”

“SKINNER IS A WIENER”バートのらくがき、“校長はウインナー(ち○こ野郎”

髭をそったホーマーが、ビリーゼインににている

matome.naver.jp

f:id:tagamekun:20160722205021j:plain

 

・落ちこぼれゼロ法

ジョージ・W・ブッシュ元大統領の政策、英語だと“No Child Left Behind Act”=NCLB

d.hatena.ne.jp

1全国一斉学力テストを3年生~8年生(日本の小学校3年生~中学2年生)に課す。その学科は国語と算数だけで毎年行なう。

2ニ年連続で目標達成に失敗した生徒は、他の公立学校への転校を勧められる。三年連続で目標達成に失敗しても同様で、その生徒を他の学校に移す事が出来る。同時に携わった教員は減給・解雇の罰を与える事が出来る。

3四年連続でノルマが達成出来なければ、その学校への国からの助成金はカットする。教員の大規模な入れ替えやカリキュラムの変更等が出来る。

4五年連続の場合その学校を廃校にするか、民営の学校(チャータースクール)にする。(http://children-laws.laws.com/no-child-left-behind

 こうしてブッシュは競争原理を導入し、その結果は全て学校と教師に責任をとらせる事にしました。テストによる競争と罰の法律です。ひとえに米国を強くする為です。9・11テロがあった後ですから。

 その結果幾つかの州で公立の学校の五割以上(ネット情報では82パーセント<http://www.edweek.org/ew/issues/no-child-left-behind/>が2011年で落第となったようです。また教師は萎縮し或いは燃え尽きて、どんどん学校を辞めて行きました。補習などの労働時間の異常な長さと、助成金を減らされたり、廃校にされたりする事のないようにという大きなプレッシャーが挙げられるでしょう。

 子どもたちはと言えば、これまたどんどん落伍し、貧困化し、ホームレスとなって行きます。おちこぼれをゼロにする狙いが、かえって落ちこぼれを増加させています。

 

・NPR

リサが、人気者パーティで告白する際、“あなたたちと違って、公共放送に寄付してる”

と言います。

www.youtube.com

 

・牛乳ホルモン

町山さんばっかりですけど…

リンゼイ・ローハンはご覧の通り、17歳にしてはあまりに巨乳なので、豊胸疑惑が起こった。

フォーチュン・クッキー」「ミーン・ガール」で人気のティーン・アイドルだ。

結局、「天然よ!」ということで決着がついたが、

最近はブリットニー・スピアーズやジェニファー・ラブ・ヒューイットなど

巨乳ティーン・アイドルが多い。

いや、そこらを歩いているアメリカの女子高生も、やたらと巨乳になっているのだ。

もうホルスタインみたいなのがゾロゾロいる。

 

この背後には二つの原因があるという。

一つはアメリカでは日常茶飯事のように行われているホルモン投与。

ちょっと背が低いと親が医者に相談して成長ホルモンをもらって子供をバスケット選手のようにしてしまう。

このようなホルモンによって巨乳になったという説がある。

 

もう一つは牛乳である。

 

 アメリカではここ十年近く、牛乳業者によるGot Milk(牛乳飲んだ)? という大々的なキャンペーン広告が続いている。

 ブリットニーなどアイドルが次々に起用して莫大な金額を投じたこのキャンペーンは大成功して、子供たちはものすごく牛乳を飲むようになった。それが最近のアメリカのティーンの乳房がやたらと巨大化した理由だと言われている。

 牛乳飲めばおっぱい大きくなるの?

 実は、そんな簡単な話ではないらしい。

 

アメリカでは全乳牛の32パーセントにrBST(牛ソマトトロピン)が投与されている。

rBSTは、牛が乳を分泌するときに出す成長ホルモンから人工的に分離した遺伝子で作られた成長ホルモンで、牛に注射すると、乳を出す量が4割も増える。

アメリカでの牛乳の生産者価格はここ何年も上がっていないので、酪農家はrBSTによって一頭あたりから取れる牛乳の量を多くしないと暮らしていけない。

このrBSTを「ポジラック」という商品名で販売しているのが、農業とバイオテクノロジーの多国籍企業モンサントである。

 

ところがこのホルモンを投与された牛の乳を成長期の少女が飲み続けると、その乳房も成長が促進されるという説がある。

少女たちは実際にホルスタイン化されていたことになる。

http://www.freerepublic.com/forum/a393eaa6a4734.htm

しかし、ホルモン牛乳は女性の乳ガンを誘発するという説もある。

 

1997年、アメリカのFOXチャンネルのニュース取材班は、 モンサントのポジラックや、遺伝子組み換え野菜の危険性を告発する番組を制作した。

ホルモンのせいで奇形的なまでに巨大化した乳房をズルズル引きずりながら歩く牛や、

遺伝子組み換え野菜を食べた昆虫が死ぬ映像を集めた取材班は、スクープに興奮しながら放映を待った。

ところが、放送直前にストップがかかった。

FOXが属するメディア・コングロマリットのニューズ・コープ全体がモンサントとその関連会社から莫大な広告収入を得ているからだ。広告を停止されたらニューズ・コープ自体は莫大な損失をこうむるだろう。こうして全米を揺るがすはずだったスクープは企業名を消され、表現を和らげられて放送され、忘れられた。

ここに放送予定だった台本と事件のあらましがある。

http://www.foxbghsuit.com/

 

それでもホルモン入り牛乳の危険性は、子供を持つ親の間では知られるようになり、最近はホルモンの入ってないオーガニック牛乳を飲ませるようになった(うちもそうです)。

メイン州ポートランドの小さな牛乳会社オークハースト・デイリーは牛乳のパッケージに「ホルモンを使っていません」と書いた。

ところが、これをモンサントが訴えた。

モンサントの「ポジラック」が悪いものであるような印象を与えるから営業妨害だというのだ。

あまりにムチャな訴えだが、業界一巨大なモンサントは、莫大な弁護士費用を投入している。

彼らの要求は「ホルモン非使用」という表示をする場合「ホルモン注射を受けた牛の乳と受けていない牛の乳との間には人体に及ぼす影響の違いは科学的に立証されていません」という但し書きをつけることだ。

 

アメリカ政府のFDA食品医薬局は「rBSTは人間に一切影響はない」と公式に表明し、その使用を認可している。

しかしカナダやヨーロッパでは禁止されている